康徳寺古墳

広島県世羅町 1996年4月訪問、2022年11月再訪

円墳、R17,H5、6C後半
 横穴式石室、全長8.3m,玄室長5.9,幅2.5,高3.2m
 位置:34°35′09″N,133°02′06″E (日本測地系)
    34.58906309,133.03242036(世界測地系)
(2022年)
早朝訪問、濃霧に包まれていた


近くに寄れば特に問題ないか


石室前は崖なので正面から撮りにくい


羨道は元々短かったかも


巨大な玄室、前回入れなかったので堪能


〃縦位置、側壁上部が僅かに内傾


下部に巨石の鏡石を据えた奥壁、上部は2列、徐々に小さくなる石材


奥から外、右片袖式


奥から見上げた天井石、側壁最上部に高さ調整の平たい隙間石がある


奥から右側、右下の石がいやに平滑だけど漆喰でも塗られていたか


奥から左側、こちらの方が面が整っている


(1996年)
(プリントをスマホでデジタルスキャン)
95年発掘だそうでこれは発掘直後か


西側から、石室前は崖状態


墳丘


墳丘背後から


東側から


隙間から覗いた石室内部、この時はそれ程巨大とは感じなかった


(見学記)
(2022年)
寺町、ここも28年ぶりの訪問、康徳寺南側にある径16m高5mの円墳で東から見ると丸い背の高い墳丘が目立ちますが尾根先端を整形して造っているようです。説明板に95年発掘と書かれていたから96年当時はまだ調査中だったようで中には入れずここは是非再訪したかった。南側に開口、全長8.3m,玄室長5.9m、幅2.5m、高3.2mと大きな石室、特に背の高さが目立ちます。前は急斜面なので羨道は短そうです。説明板には無袖式と書かれていますがどう見ても片側に袖石がある、それも埋め込んでいるのではなくちゃんと突き出ています。お寺に駐車場有り。県史跡。

(1996年)
国道432号線に案内板があり,寺の前に墳丘が見えています。現在整備中なのか樹木が伐採されていて墳丘はよく観察できますが石室は閉鎖されていました(塞いでいる戸板の上部隙間から覗かせてもらった)。玄室長6.55mと結構大きなものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示