古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  山口県  >  下関市 >  甲山古墳群(その1)

甲山古墳群(その1)

山口県下関市(旧豊浦町)2013年1月訪問

約90基、県内最大級の群集墳

(第三第四支群はこちらから)

遠望、湾口に聳える小山に分布、数字は支群に対応(仮称)


(第一支群)
その1
横穴式石室
位置:34°08′11″N 130°53′13″E

緩斜面に構築、墳丘はかなり流失


石室正面、羨道は殆ど消滅


小型の玄室、長さ2m程度


奥壁は一応1枚石、天井が傾いているのは初めからのもよう


奥から外、両袖式のようです


その2
天井石露出、内部埋没


(第二支群)
その1
この1基だけやや離れた高所に立地


画面右側石室露出内部埋没、南向きが多い中でこれは西向き


その2
この付近に10基近く密集


平たい石材1個露出


その3
位置:34°08′09″N 130°53′11″E


石室正面、羨道壊失、掃除後の様子


良好に残る玄室、長2m程度、奥壁側壁とも2段積み


左側壁


右側壁


奥から外、両袖式、右に比べ左袖は危ない積み方


その4
隙間開口の石室


やや埋まるも内部は良好


奥壁らしい石を据えている


その5
ここも辛うじて開口


左側壁が崩壊、右は残っているもよう


その6
墳丘下側が崩壊して石室露出、上から接近したからむしろ降りるのが大変だった


石室正面、辛うじて残ってる、羨道は壊失


玄室良好、長さ3m程度、側壁は平石3段積み


石室上部、天井石2枚


奥から外、片袖?、左袖は崩落した可能性があるかも


その7
良好に残る墳丘、南に開口


石室正面


右は袖石か、元々幅は狭かったよう


右側壁は残るが左は一部崩壊


左が山側と言うこともないのに、左が崩壊しているのが目につく、奥壁は残っているようだ


その8
墳丘良好、南に開口


ここも隙間石室


左側壁の一部崩壊、切石状の見事な石室


(以下次週)

(見学記)

山口県下関市豊浦町大字室津下、室津漁港北側に聳える甲山(と言っても標高100m程度ですが)に分布する県内最大の群集墳です。10年前は全く分からず撤退、今回は地形図をよく見て南側やや平坦になっている辺りを目当てに行ってみました。まずは一番奥にある蛭子神社その脇から上る石段があったので上ってみるとお堂があるだけ、でもその手前で林の中に入ってみたら小さな石室があった。玄室は完存だけど長さ2m程度、周りは石がゴロゴロしていて分かりづらいけど背後にもう1基あった程度でした(仮称第一支群)。
道路に戻って南西50m行くと又上っていく石段があったので行ってみたら水道タンクでした。ここでも背後の林に入ってみると凡そ10基程度の墳丘が密集状態、斜面をカットした跡も良好に残っているけど細竹が密生していて視界が悪く歩くのも困難な状態です。そんな中でなんとか完存玄室2基発見、1基は長さ2mにも満たないけどもう1基は3m弱今回見つけた中では一番大きかった。ただ前面が削れて崖のようになっており危険な状態です。他には隙間から覗ける石室が3,4基見つかった程度でした(仮
称第二支群)。

(以下次週)
[ 2013年01月24日 08:00 ] カテゴリ:下関市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR