古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  香川県  >  綾川町 >  大林古墳

大林古墳

香川県綾川町(旧綾南町)2010年2月訪問

横穴式石室、玄室長3,幅2,高2m(現状)
位置:34°13′18″N 133°54′27″E

墳丘正面、東向きに開口


墳丘後ろ半分は残るが前部は大きく削平


開口部、羨道は基部の一部しか残っていない


完存した玄室


奥から外、両袖式、左右の袖が大きく異なる


(見学記)

綾川町羽床下、大林公民館南300m辺り、水路を渡って100m程行った右側にありますが古墳の場所が一段高くなっているので直接には見えません。墳丘は東側が大きく削られ羨道は基部の一部しか残っていませんが玄室完存、大きさの揃った中型石材を積み上げた奥行き3m程度の石室です。両袖式ですが左右の袖石が形幅とも大きく異なっています。まぐさ石が他と比べてやや巨石。石室前に石灯籠などがあって何か祀り事に使われていたようですが現在玄室内にはその手のものは何もありません。
[ 2013年02月26日 12:55 ] カテゴリ:綾川町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR