古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大分県  >  中津市 >  臼木古墳群

臼木古墳群

大分県中津市(旧三光村)2012年2月訪問

4基残存

1号
横穴式石室
位置:33°31′55″N 131°11′24″E

正面に開口しているようだが、そこは奥壁側壁辺り


石室内部


玄門、羨道は埋没


1枚目の反対側辺り、入り口はこちら側だが全く見られず


2号
横穴式石室

県道脇の残る墳丘、上に小さな神社


反対側から見ると大きな墳丘、石室開口


開口部正面、左側壁は板石を使用


開口部左側から、これでよく持ったなと思うレベル


やや埋まって狭い羨道


玄室、奥壁はほぼ1枚石のようだ、左右の側壁がせり出してきている


奥から外、両袖式、かなり持ち送りがある、右側の石はいかにも持ち送りに適しているよう


3号
横穴式石室、玄室長3.0,幅1.65-1.8,高1.45m
位置:33°31′51″N 131°11′14″E

県道から見た様子、墳丘完全流失


石室完全露出だが、ツタなどに覆われて見づらい


天井石は最奥1枚だけ残存、よく水平に残っているなと思えるレベル


斜め前から、ツタがなければもう少し見栄えがするんだが


石室正面、左右のは玄門袖石でしょうか


玄室最奥部


それぞれ巨石1枚石で構成


4号
横穴式石室

一見良好のようだが石室を覆う程度


巨石が露出、こちらが奥壁側のよう、構成は3号と似ているようだ


右手が入り口側、天井石が傾くなど状態は悪い


(見学記)

中津市三光臼木、県道675号沿いにある古墳群で5,60m間隔で4基の古墳が並んでいます。一番東側のが1号、背の高い墳丘が残っていますが玄室奥側が大きく破壊され中を覗くと玄門部が見えてます、羨道は埋没。2号も墳丘が残っていて上に祠が建っています。南側が大きく削られて石室開口、羨道部が露出していますが板石が使われています。中にはいるのはちょっと狭いですが玄室はやや埋まるも完存しています。3号の所に説明板があり目の前に墳丘がすっかり露出した石室が見えてます。4基の中では最大でしょうか、天井石は1枚しか残っていませんが玄室奥辺りは側壁奥壁天井石とも板状の巨石を使った見事なものです。他は比較的墳丘が残っているのにここだけ何故流失したんでしょうね。石室が大きかったので封土が少なかったとか。4号も多少墳丘が残っていますが石室奥辺りが僅かに露出内部は埋没しています。ここも板状の石材が使われています。3号の所に説明板がありに各古墳間の距離が1m単位で書かれていますが、距離が書かれているのは助かるがここまで細かな数値は必要ないんだよね。そもそも墳丘の大きさだけで1m以上あるし意味ないよ。更に古墳群なのに”臼木古墳”と書かれている。なお読みは”うすき”でなく”うすぎ”です。県史跡。3号道路向かい辺りに駐車スペースあり。
[ 2013年02月28日 08:13 ] カテゴリ:中津市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR