諏訪山古墳

香川県さぬき市(旧長尾町)2010年2月訪問

円墳、R15
横穴式石室、玄室長4,幅1.5,高2m
位置:34°16′51″N 134°11′50″E (日本測地系)
   34.2841131 134.19454189(世界測地系)

独立丘陵頂きに立地


羨道はかなり崩壊埋没


羨道奥、玄門、まぐさ石が一段下がる


ブロック状の石を積み上げた奥壁


奥から外、片袖式


〃(縦位置)


(見学記)
さぬき市造田乙井、県道37号と141号が交わる交差点北西に標高40m程の独立丘陵がありその頂きに気づかれた古墳です。山頂に諏訪神社があり北側から参道を登っていきます。社殿南側に大きな墳丘があり西南西に石室開口、羨道は上部がかなり崩壊天井石1枚が手前にずり落ちています。羨道自体もかなり埋没、奥に隙間があり何とか中に入れます。この辺りにお賽銭が散らばっていて(殆ど1円玉だけど)それを踏んでは申し訳ない感じで避けて入ろうとすると余計に大変。玄室は完存、さすがに丘の上で巨石というわけにはいかず奥壁はブロック状の石を積み上げていますがそれでもまぐさ石や天井石などはかなりの巨石、小さな独立丘陵では調達出来ないだろうから殆ど下から運び上げたんだろうな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示