平木1号

香川県高松市 2010年2月訪問

円墳R18.2、7C
横穴式石室、全長11m、玄室長6,幅1.8,高2.5m
位置:34°19′30″N 133°58′59″E

移築復元された墳丘


石室正面、羨道は殆ど壊失


持ち送りのない長大な玄室


巨石を使った奥壁、上に1枚積み重ね


奥から外、袖石を使った両袖式


〃(ストロボ)


移築前の石室(説明板より)


(見学記)

高松市鬼無町山口、高松西高敷地内に移築保存された円墳です。体育館側にありますが初めは場所が分からず学校敷地内なので事務室に挨拶に行ったら鍵も貸して貰えました、ラッキー。径18mの墳丘が復元され南向きに石室開口、しかし入り口辺りが固めすぎ石室の雰囲気をぶちこわしている。羨道は殆ど壊失していますが玄室完存、袖石を立てた両袖式、側壁も大型石材を積み重ね持ち送りも殆どありません。奥壁は巨石の1枚石を据え上に一段重ねています。体育館側まで車で行けるけど次の古宮古墳のこともあるから構内に駐車した方が無難でしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR