秋葉山古墳群

神奈川県海老名市2000年2月訪問

前方後円墳1,前方後方墳1,帆立貝式2
団地化された丘陵頂部に立地
1-3号は中心学園敷地内、4号は公園内に保存

1号(山王山古墳)
前方後円墳、TL58,R28,RH4.8,FW14,FH2

前方部側から後円部


2号(秋葉山古墳)
帆立貝式、TL48,R33,RH5,FW15,FH3

前方部側から後円部


3号
帆立貝式、TL51,R34

前方部消滅


4号
前方後方墳、TL41,R21,RH2.5,FW15,FH1
位置:35°27′59″N139°24′26″E



(見学記)

相模鉄道柏ヶ谷駅西方1km、丘陵頂部にある前方後円墳1、前方後方墳1、帆立貝式2からなる古墳群です。丘陵はすっかり住宅地となっていますが1-3号は中心学園敷地内、4号は公園内に保存されています。1号は全長58mの前方後円墳で山王山古墳、2号は全長48mの帆立貝式で秋葉山古墳、3号も帆立貝式ですが前方部は消滅、後円部径39m。この3基は学園敷地内ですが散策路があり自由に見学できます。4号は3号のすぐ北側にあり全長41mの前方後方墳で後方部が少し削られているようだ。前方部側にも古墳らしき墳丘がある。4基とも説明板の類は一切無し。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR