薄井原古墳

島根県松江市 1995年4月訪問、2021年12月再訪

前方後方墳、TL50,R23,FW22,RH4.5,FH3.1
横穴式石室2,東石室全長7.6m,西石室全長8m
家形石棺
位置:35°30′10″N 133°05′44″E (日本測地系)
    35.50590355 133.09294098(世界測地系)
(2021年)
前方部隅から後方部、下から上がってくるとここに出ます、95年1枚目とほぼ同じアングル


後方部南東側面、下がれないのでこれが精一杯、石室がかなり右側に偏っているのがわかります、墳丘上部はかなり平面、元のままか


東石室正面、手前は墓道だったんでしょうか、四半世紀前と全く変わらない佇まい


石室正面、セメントの枠が残念、倉庫として使われていたんでしょうか


小型石材を使った羨道


玄室いっぱいに大型石棺


蓋石は竪穴石室のそれを思わせる、4枚でしょうか、それぞれ両端に縄掛け突起がついている、割れていたのをそのまま元に戻したので下に鉄板が敷かれている


奥から、ストロボ無しでブレた


奥壁側壁も小型石材、やや持ち送りがある


奥壁側壁角辺り


奥から外、右片袖式、袖部分も石材を積み重ねている、歪んでいるような部分が全く見られない


天井はさすがに小型というわけには行かず、側壁角辺りが少し丸くなっている


羨道に敷石、当然玄室にもあるでしょう


後方部正面、直線的になっている


西側石室正面、ここも前は墓道か、1墳2石室はままあるが開口部が真反対なのはここだけか、前方部側にかなり偏り計画的に造られているのがわかります


ここも石材は小型、東石室より若干大きくなる


東石室と非常によく似た構造、ただ下部に大型石材を据えているのが異なる


〃縦位置、石棺の破片が転がる


左側壁、奥壁側の石材が一番大型


右側壁、こちらの基部はそれ程大きくない


奥から外、右片袖式、見れば見るほど東石室とそっくり


天井部、やはり隅部分が丸くなる


床面に敷石、石棺は縄掛け突起があるから蓋石、以前あった石棺破片がなくなっている


ストロボ無し、ブレブレ


敷石は羨道まで続いている


前方部から後方部


後方部から前方部


(1995年)
前方部隅から後方部


東石室正面


羨道、玄室、石棺、石棺蓋が平ら


玄室奥壁


奥から外


石棺蓋石、3枚からなりそれぞれに縄掛け突起が付く


西石室正面


羨道


玄室、左側の側壁下部に巨石が据えられている


奥から外


石棺破片、床面に石が敷き詰められている


周囲の古墳中の1基


(見学記)
(2021年)
松江市坂本町、丘陵上にある前方後方墳です、ここも四半世紀ぶりの訪問、素晴らしい古墳なのに相変わらず全く案内板も説明板もない。前方後方墳で横穴石室を持つのはかなり珍しいと思うけどそれが2つもある、しかも開口部が反対側に向いている、私の知る限りこういうのはここしか知りません。後方部を観察してみると東石室は端に偏り、西石室はくびれ部側に偏るなど初めから2基構築を前提に墳丘を作っているようですが逆向きにした理由は何なんでしょうか。内部の石棺蓋石は縄掛突起がついていて竪穴石室の蓋石でこんな縄掛突起がついているのを見たことがあります。石材が小型ということもあって竪穴石室の技法で作られたんでしょうか。県道に歩道とも車道ともつかないような駐車スペースがあるような。

(1995年)
市中心部からR431を境港の方に行くと同バイパスと合流する辺りから200m程行った北側の丘の上にある全長50mの前方後方墳で保存状況も良好。この古墳の最大の特徴は横穴石室が2つ、それも入り口が互いに反対側にあると言うことです。最初石室があることも知らずに行ったから石室を見つけて大喜び、墳丘をぐるっと回ると反対側にももう一つあったのでもう万々歳。石室が複数ある古墳には今までにもいくつか行きましたが共に石室が完存で両方に入れるというのも滅多にあるもんじゃない(一応両方とも柵があるが鍵がかかっていなかった)。まず東側石室から説明すると、こちらは全長8m右片袖式、壁奥壁とも小型の割石が使用されています。玄室に箱形石棺があります。身の部分は普通の刳抜式ですが蓋は両側に縄掛け突起をつけた平らな石を3枚被せているが、幅が身より大きくかなりはみ出ていて玄室の幅いっぱいになっています。これで突起がなければとても石棺とは思えない、最初これを見たとき一瞬何で水槽が入っているのと思ったもんね)。西側石室は全長7.6m右片袖式、こちらも同様の小型の割石で構成されていますが右壁と奥壁の下部に大型の石が使われている(何故か右壁の方がかなり大きい)。こちらにも家形石棺がありましたが今は破片が数個転がっているだけ。すぐ側に陪墳が2基あり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示