古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  滋賀県  >  東近江市 >  八幡社古墳群

八幡社古墳群

滋賀県東近江市(旧八日市市)2000年3月訪問

雪野山北側山麓の谷筋に分布、前方後円墳1、円墳18基
山裾の12基が県史跡として保存、公園化

分布図:谷筋北側に密集して分布、中央下の前方後円墳風のものはただの広場


全景
東側平野からの眺め、山裾の谷筋にあるのがよく分かる


雪野山尾根上からの眺め、41,42,44,46,47号が見えている


41-46号:広場からの眺め


41号
円墳、R11、7C前半
横穴式石室、玄室長2.9m

墳丘上部削平、奥にあるのが40号


両袖式石室、石室上部壊失


左側の42,43号は墳丘が一部重なる


46号
前方後円墳、TL21,R11,RH3.5,FW9,FH2
横穴式石室3
A号(後円部):両袖式、全長7.2m
B号(くびれ部):左片袖式、全長5.2m
C号(前方部):両袖式、全長7.6m、奥に副室がある
位置:35°04′46″N 136°08′54″E

前方後円墳としては最小クラスながら石室が3基ある、A,C,Bの順に構築された


前方部斜め後方から


前方部正面、谷に向かう緩やかな斜面に立地しているのがよく分かる、奥に47号が見える


A号玄室、三角持ち送りがあり角がはっきりしない


かなり持ち送りがある


B号玄室


C号玄室、ここだけ閉鎖、左奥に副室があるのが分かるだろうか


(見学記)

更に北上すると高圧線と交わる辺りに八幡神社があり参道脇、小さな沢沿いに古墳群が分布している。前方後円墳1,円墳18基からなる古墳群でそのうち山裾側の12基が県史跡に指定されている。墳丘はかなり密集していて中には殆ど重なり合っているのもある。2基で一組となっているとのこと。特に注目すべきは47号、全長21m、後円部径11m、高3.5mの小型前方後円墳ながらなんと3基の横穴石室を持つ。南側に開口していて3基とも状態良好、後円部(A室)は全長7.2mの両袖式、くびれ部(B室)は全長6mで左片袖式、前方部(C室)は全長7mの両袖式で奥に副室があり玄室平面形が逆L字型をなす。A,C,Bの順に造られたそうでAに比べるとBは全体に粗末な感じ、二つの間で構築するのもかなり難しかったんではないだろうか。A,B室は入れるが一番入りたかったC室は柵があって入れない、残念。他に41号で天井石を壊失した石室が見られる。
史跡指定の古墳は公園内に保存され笹が植えられていて墳丘が見やすくなっている。これ以外は僅かな高まりがある程度でわかりにくい。
[ 2013年03月11日 10:34 ] カテゴリ:東近江市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR