古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  栃木県  >  壬生町 >  茶臼山古墳

茶臼山古墳

栃木県壬生町 1998年1月訪問

前方後円墳、TL88,R45,FW70
位置:36°29′11″N 139°46′56″E

基壇型、前方部上段隅から後円部


後円部から前方部


後円部、手前が周溝、2段築成の様子がよく分かる


外堤、緩傾斜の尾根筋に築かれ上面を水平にしている為、下方(画面左)側が随分高くなっている


(見学記)

丘陵南端の斜面に立地する全長88mの前方後円墳です。墳丘良好,基壇型で2段築成,周りに周溝と外堤も巡っていますが東側ではあまり目立ちません。ここの場合周溝を掘ったのではなく外堤を築くことによって墳丘下段との間が周溝となっているようです。かなり斜面にも関わらず墳丘が水平に造られていますから南側前方部端で墳高がかなり高くなっています。北側の外堤が膨らんでいるのは陪墳でしょうか。国史跡。
[ 2013年03月15日 10:19 ] カテゴリ:壬生町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR