二ツ室塚古墳

栃木県大田原市(旧湯津上村)1998年1月訪問

前方後円墳、TL47,R22,RH4.5,FW16,FH2.2、6C後半~7C初
横穴式石室2
位置:36°50′08″N 140°07′42″E

北側林の中から見た墳丘、右側が前方部


後円部南側、大きく削平されている


天井部を壊失した玄室、屋根をかけて保護している


石室斜め前から、枕状の自然石を積み上げた側壁が美しい


1枚石の奥壁、側壁の自然石との対比が面白い


前方部石室開口部


(見学記)

下侍塚からさらにR294を2.5km北上すると右側(東)杉林の中にあり国道,県道に案内板も出ています。全長47mの前方後円墳で河岸段丘上,崖際に立地しています。墳丘は前方部隅が少し削られている他は良好。名前の通り後円部,前方部に一つずつ横穴式石室があります(話は逆で石室が二つある事から命名されたようです)。後円部の石室は天井石が無くむき出しの状態で覆い屋によって保護されています。石室は無袖式ですが入口近くの床に仕切り石があり,また玄室も奥に向かって少しづつ開く羽子板状の平面形をしています。奥壁に巨石を使っている他は丸みのある河原石を小口積みにしていて奥壁だけが石碑を埋め込んだような異質な感じを受けます。前方部の石室は埋め戻されていて僅かに石が一部見えている程度です。説明板を見ると玄室に胴張りがある他は後円部の石室とにているようです。村史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR