古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  栃木県  >  大田原市 >  侍塚古墳(上侍塚古墳、下侍塚古墳)

侍塚古墳(上侍塚古墳、下侍塚古墳)

栃木県大田原市(旧湯津上村)1997年1月訪問

上侍塚古墳
前方後方墳、TL114,R58,RH11.5,FW52,FH6.5、5C前半
位置:36°48′10″N 140°07′41″E

遠望


後方部、保存状態が大変良い


前方部から後方部


上侍塚北古墳
前方後方墳、TL49
南から、見えている部分が前方部


下侍塚古墳
前方後方墳、TL84,R48,RH9.4,FW36,FH5、5C初
位置:36°48′36″N 140°07′35″E

北東から見た墳丘、手前の道路が国道294号


江戸時代に水戸黄門が発掘したことで有名、今なお美しい墳丘をとどめている


南から


(見学記)

下侍塚古墳
R294号脇,湯津上館の目の前にある全長84mの前方後方墳です。全長の割に背が高く感じる墳丘で,まばらに松が生えている程度で保存状況は大変よく精美な姿を見せています。周りに周溝が水田として残っています。国道脇に駐車場と東屋があってここからしばらく飽きずに眺めていました。本当にいい姿をしています。我々現代人に対する黄門様からの贈り物です。私達も未来に向けて大切にしていかなくてはなりません。国史跡。北側に前方後円墳や方墳を含む8基からなる侍塚古墳群があります。村の史跡で遊歩道も巡っていますが古墳自体は殆ど整備されていません。さらにここから北1kmの所に笠石神社があり侍塚古墳発掘のきっかけとなった那須国造碑がありますが御神体ということもあって社務所を通さないと見学できません。

上侍塚古墳
下侍塚から南1kmの所にある全長114mの前方後方墳です。下侍塚より一回り大きい墳丘で国道から墳丘が見えています。前方部に松が多く生えているので全体像は見にくいのがちょっと残念。こちらも墳丘は大変良好,それだけに前方部端が崩壊した跡があるのがちょっときがかり。墳丘西側の水田が周りより一段低くなっていてここから土取りをして墳丘を盛り上げたのでしょうか,ただ周溝はないようです。下侍塚もそうですがこちらも墳丘に段築がありません。私は大型古墳の段築は力学的に必要不可欠かと思っていたんですが必ずしもそうではないんですね。国史跡。

上侍塚北古墳
上侍塚のすぐ北側にある全長49mの前方後方墳です。結構大きいのですが現在は雑木に覆われているし,すぐ側に有名な上侍塚があることもあってあまり目立ちません。有名な親を持つ子供の悲哀とでも言うべきでしょうか。
[ 2013年03月16日 10:23 ] カテゴリ:大田原市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR