森部平原古墳群

福岡県久留米市(旧田主丸町)2002年4月訪問

現存70基、古墳公園となっている
R10-20の小型円墳、複室胴張りドーム状の玄室が多い

5号
複室石室
位置:33°19′10″N 130°42′47″E

墳丘、墳頂に天井石が露出している


玄室


奥から外、複室構造が分かる


狭い天井


7号
複室石室

墳丘


玄室


奥から外、複室構造がよく分かる


隣の5号より更に狭い天井


31号
単室石室

墳丘


ドーム状玄室、天井石が抜かれて見学しやすい


奥から外


36号
複室石室

墳丘


ドーム状玄室、31号と同じく下部にやや大きな石を据える


奥から外


49号
複室石室

墳丘


前室


背の高い玄室


奥から外


(見学記)

耳納山麓には江戸時代には千基の古墳があったそうで現在でも約300基の古墳が残っている。その中でも最大クラスの群集墳で現在70基ほどが密集していて現在は公園となっています。径10-20m程の小型円墳だが複室、胴張り、ドーム状の玄室と立派な石室を持つのが多い。玄室の背が高いので天井石が露出していたりそれも抜かれているのも多い。石室があまりに多いのでさすがに全部を見るのは断念、状態の良い物だけにしました。贅沢な悩みだ。天井石を抜かれていると内部が明るいだけでなくストロボを使う必要がないので壁面の立体感が出ていいですね、使っているカメラの関係で写角も広くなるし。県史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR