古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  福岡県  >  みやこ町 >  勝山古墳群

勝山古墳群

福岡県みやこ町(旧勝山町)2012年2月訪問

円墳4基

1号
円墳、R18
横穴式複室石室、全長11m、玄室長3.8,幅2.8,高3.1m
位置:33°41′49″N 130°55′00″E

良好に残る墳丘、石室前部は破壊


天井石が落下して入り口を塞ぐ


僅かに隙間、通れないことはなさそうだけど


石室奥、カメラを突っ込んで撮影


奥壁、1枚石かな


2号
円墳
横穴式複室石室、全長9.8m
前室長2,幅1.9,高2.2m
後室長3.2,幅2.3,高2.7m

良好な墳丘、石室正面


石室前部はハの字状に開いているようにも見える


羨道


前室


〃(縦位置)


巨石を使った玄室


〃(縦位置)


高く狭い天井


奥から外(縦位置)


前室奥から


〃(縦位置)


羨道奥から、ここが前室のようにも見えるが


3号
円墳、R19以上
横穴式複室石室、全長12.3m
前室長2.2,幅2,高2m
中室長2,幅2,高2.2m
後室長3,幅2.6,高2.9m

石室正面、墳丘も良好


短い羨道


前室(縦位置)


中室


〃(縦位置)


後室、奥行きはそれ程無い、巨大な奥壁、側壁が傾いていて下部に隙間があり石を詰めた辺りが画竜点睛を欠く


〃(縦位置)


天井部、2号ほどドーム状ではない


奥から外(縦位置)


石室右側奥から


石室左側奥から


中室奥から


前室奥から、巨石だが中室よりはやや小ぶり


手前3号、右奥2号


4号
円墳、R8
横穴式石室

1-3号に比べて小型な墳丘


右奥林にに1-3号がある


石室露出、全部は天井壊失、内部埋没


最奥辺りに僅かに空間、左が奥壁


(見学記)
みやこ町勝山黒田、勝山中学校西方にある勝山神社のある丘陵南側麓にある4基からなる古墳群でほぼ直線状に並んでいます。麓にある鳥居脇にあるのが4号、小さな墳丘で石室露出天井石は1枚しか残っておらず石室内も殆ど埋まっています。最近樹木が伐採されたようで見やすくはなってます。鳥居右側に勝山古墳の案内があるので林の中に入っていくと4号からは想像できない大きな墳丘が3基並んでいます。手前から3,2,1号で3,2号は石室もよく残っています。3号は複室石室というか複々室石室というか短い羨道を入るとまず前室更に奥にはいると玄室と思いきや中室とでも言うべき部屋、その奥に玄室があります。背が高くドーム状側壁も巨石を使い奥壁はほぼ1枚石の巨石、元々でしょうが少し前傾しているため今にも倒れそうで恐怖感を覚えます。奥壁そのものが下部でやや幅が狭くなり側壁も斜めになっているので下部両側に大きな隙間があり石を詰めていますがやや不格好で画竜点睛を欠く感じです。側壁との重なり具合を見ると奥壁や側壁を設置した後石を詰めたのでしょうか。隣の2号は墳丘規模はほぼ同じですが石室は普通の複室石室です(3号と同じ複々室に見えないこともない)。天井が高くドーム状になっています。この石室だけ見れば十分立派なんですが3号を見た後では多少見劣りがする。1号は石室入り口の天井石が落下しているため殆ど埋まっていて僅かな隙間から中を覗ける程度だけど奥がかなりあるのでよく分かりません。突入を試みたけど腰が引っかかって無理だった。入れないこともないと思うけど側壁が泥で汚れていて強行突入すると泥まみれになりそう。神社にいた人に聞いた話では町としてはもっと宣伝したいそうだけど1-3号は個人の所有になっているのがネックだそうです。それででしょうか、近くで見かけて町内の古墳案内図にも載っていなかった。町や県の史跡になってもおかしくないんですけどね。鳥居前や前の道路に駐車可。
[ 2013年03月23日 19:33 ] カテゴリ:みやこ町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR