古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  藤岡市 >  伊勢塚古墳

伊勢塚古墳

群馬県藤岡市 1992年1月訪問、1999年3月2006年4月再訪

円墳or八角墳の可能性、R27,H6、6C末~7C初
横穴式石室、全長8.7m,玄室長4.8,幅1.8
位置:36°15′47″N 139°02′35″E

墳丘


石室正面


羨道、奥上部の石は梁のように架けられている


模様積み玄室、壁面の素晴らしさは何度来ても感動物だ


玄室左側壁


奥から外


1枚石の天井石


羨道(奥から)


(見学記)
七輿山北方600m鏑川と鮎川との合流地点多角の段丘上にある古墳です。径27m、高6m(この数値も資料によってかなり異なる)と考えられていましたが発掘の結果不正八角形墳(説明板のまま、しかしこの言葉はしっくりこないなー)と推測されています。南側に全長8.9mの両袖式石室が開口、この古墳の最大の特徴である模様積み石室でこの種の石室で入れるのはここだけです(多分)。予備知識なしにここに入ったらさぞびっくりするでしょうね、なんと言ったらいいのかただただ驚くばかり、呪術的な意味合いがあるんでしょうか、それとも単なる装飾(HPの画像を参考にしてください、言葉では説明しにくい)。奥壁は割石を3枚積み、天井石も殆ど1枚の巨大な石が使われているし、玄門などは切石に近い割石が使われていて羨道には石梁様の石が架けられているから巨石の加工運搬技術がなかったわけではないしなー、とにかく石室ファンの方には絶対お勧めの逸品です。現在裾の一部で発掘が行われていますが近くのプレハブで会議中らしく現場には誰もいなくて詳細は聞けず。県史跡。
[ 2013年03月25日 10:31 ] カテゴリ:藤岡市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR