古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  藤岡市 >  霊符殿古墳

霊符殿古墳

群馬県藤岡市 1999年3月訪問

円墳、R30,H5.5、6C末
横穴式石室
位置:36°14′22″N 139°05′10″E

墳丘、鉄道で少し削られている


羨道、多少模様積みの様子が分かる


玄門、アーチ型に加工したまぐさ石


(見学記)

諏訪神社北東300m線路脇にある古墳です。「前方後円墳集成」では前方後円墳、現地説明板では径33m、高5.9mと円墳となっています。線路で多少削られているようですが背の高い墳丘はよく残っていて西側に周溝の跡も残っています。南側に両袖式石室が開口、全長9mいわゆる模様積みの玄室で、羨道にも多少その傾向が見えます。“珪岩質の転石を中心に細長い棒状の片岩を周りに配した模様積み”(説明板の文章のまま)と説明されていますが、実物を見たことのない人がこの説明でわかるかな。石室は柵があって入れません。市史跡。諏訪神社古墳とこの古墳も小林古墳群に属します。
[ 2013年03月25日 10:34 ] カテゴリ:藤岡市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR