雷電神社古墳

群馬県伊勢崎市(旧境町)2006年4月訪問

前方後円墳
横穴式石室
位置:36°18′13″N 139°14′16″E

社殿がのった墳丘、上部がかなり削平されている


石室開口部


玄室、後世の仕切りがある


互の目積みのような奥壁


奥から外、丸い河原石を積み上げた玄室


(見学記)

神社境内に割と大きな墳丘が残り上に社殿が建っている。前方後円墳と言うことだが平面形はかなり変形しているようだ。横穴式石室を持ち意外な場所に開口している(石室があるというので以前一度訪れているがさすがにこんな場所じゃ見つかるわけがない)。宮司さんが留守だったので賽銭をあげて見学させて貰う。中は真っ暗、懐中電灯を頼りに見学することになる。丸い河原石を使った石室で奥壁などは互積みのようだ。玄室は完存しているが残念なことに中央部に後世の仕切りがあって全体が把握しにくい。町史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR