壇上山古墳

兵庫県姫路市 2003年4月訪問

壇上山古墳
前方後円墳、TL143,R82,RH9.7,FW85
長持形石棺
位置:34°49′09″N 134°44′18″E

北西から、周囲に周溝の跡が残る


前方部から後円部


後円部頂きに露出している石棺





壇上山2号


壇上山3号(山之越古墳)
方墳、TL50
長持形石棺
位置:34°49′15″N 134°44′12″E

南から


南東から


墳丘上部(北側)


墳頂に露出する石棺、奥の森が壇上山古墳


(見学記)

ここは有名だし国の史跡だし当然国道2号の案内表示があると思って走っていたがいつまでたっても出てこない。偶々信号停止した交差点脇に朽ち果てかけた木の看板があり僅かに壇上山古墳の文字が。慌てて交差点を曲がりましたがバイクでよかった。「本」p16に載っている写真と違って墳丘はすっかり木が茂り全体が見えにくくなっています。また前方部にあった神社も移転したのでしょうか跡形もなくなっていました。後円部頂きに長持形石棺の蓋石が露出、縄掛け突起も両側に1個ずつ見えていますが随分片側に付いていて一方のは削られたのかもしれません。周囲に3基の陪墳がありますが西側の2号は割と残っていますが東側の1号は民家の片隅にあってかなりひどい状態でした。北側の3号は陪墳と言うにはあまりにも大きい一辺50mの方墳。墳頂に上ってみると思いがけず組合式長持形石棺が露出していました。ちょっとおまけを頂いた感じでした。全て国史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR