木庭山古墳群

兵庫県姫路市 2005年3月訪問

3基(番号は仮称)

1号
横穴式石室
位置:34°46′08″N 134°43′42″E

羨道の巨石が露出した開口部


羨道


玄室


奥から外、羨道はかなり埋まっている


2号
横穴式石室

露出した石室、手前の羨道はかなり崩壊


玄室奥壁


奥から外、羨道埋没、玄室も土砂が流入


(見学記)

市内木場小赤壁公園となっている丘陵西端にある古墳群です。山頂近くに駐車場があってそこまで車で行けます。山頂は細長い平坦面になっていて西端に神社があり、そこから階段道を下っていくとすぐ左側に説明板が立っていて羨道の天井石巨石が露出した石室が開口しています。羨道はかなり埋まっていて狭いが中に入れる。玄室も巨石を使っています。それにしてもすぐ上に平坦な土地があるのになんだってこんな急傾斜地に作ったんでしょうね。すぐ南側にもう一つの石室があります。上部が露出羨道は崩壊玄室も土砂が流入していますが背の高い玄室奥壁は何とか見ることが出来ます。3基あるそうだがもう一基は分からず。
ちなみに小赤壁とは江戸時代の学者さんが中国の赤壁に似ていることからつけたそうだが、この学者さんが本物を見ているわけはまずないんだけどね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR