諏訪神社古墳(多田古墳)

兵庫県姫路市 2003年4月訪問

前方後円墳、TL40,R21,RH5,FW18,FH4、6C前半
横穴式石室、全長9.3m、玄室長3.8,幅2.1,高3m
位置:34°54′44″N 134°46′33″E

後円部正面、建物は神社拝殿で石室自体が本殿となっている、側に多田廃寺の心礎が移築されている


墳丘東側、右手が後円部


前方部隅から後円部


(見学記)

ここも場所がよく分からず地形図の上で見当をつけて行ってみたらピッタシカンカン。墳丘も良好に残っていますが肝心の石室は見ることが出来なかった。2度あることは3度あるとはならなかったようです。後円部前に神社があり、これが拝殿のようで石室自体を本殿として使っているようです。拝殿の格子戸越しに中を見てみましたが遠くに灯明が見えていますが石室自体はさっぱり分かりませんでした。後円部側に多田廃寺の心礎が移築されています。地形図を見てみると平坦地に立地しているように見えましたが現地に行ってみると微高地の南端に立地している様子がよく分かります。北側には住宅街があって昔も今も僅かな高まりを利用することには変わりないようです。県史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR