山神社古墳群

兵庫県姫路市 2005年4月訪問

横穴式石室2基

1号
位置:34°49′04″N 134°45′34″E

神社境内に石室が2基露出、右1号、左2号


かなり崩壊した石室


石室背後から、右後方に2号


石室内部奥から、左に袖石が残っている、側壁に木の根が入り込んで危険な状態


2号
こちらもすっかり露出


山側から見た石室、左が奥壁側


石室内部、奥壁が抜かれトンネル状、それ以外は比較的残っている


玄室、長4.5mくらい


玄室外側から


奥から外


玄門(奥から)、左に袖石、右にも柱状の石がある、前後に1mくらいずれている


(見学記)

市内別所町佐土新、住宅街の奥にある山神社境内にある2基の古墳群です。ともに墳丘が流失して石室が露出、東側の1号はかなりひどい状態で玄室がかろうじて分かる程度に残っている。石室内にも木が生え側壁の間にも根を伸ばして危険な状態です。西側の2号は羨道前部が破壊、玄室も奥壁が抜かれていますが他は見かけの割には残っています。玄室長は5m程度、袖石を立てた左片袖式ですが反対側の側壁にも柱状の石が埋め込まれています。ただ袖石と前後1mくらいずれている。このような例は時々見かけるが意図的なものなんだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR