古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大分県  >  大分市 >  亀塚古墳

亀塚古墳

大分県大分市 2001年5月訪問、16年2月再訪

前方後円墳,TL118,R60,RH5.5,FW36,FH4、5C前半
箱式石棺
位置:33°13′54″N 131°44′31″E

(2016年)
雨あがり直後で他の古墳に行くのもしんどいのでゆっくり見学


葺石を部分的に復元


前方部から後円部、左くびれ部に造出


後円部から前方部、奥の白い建物が資料館


墳頂に緑泥片岩製巨大箱式石棺レプリカ、副室がある、もう箱式石棺の範疇を超えてますね


側にもう一つの埋葬主体、竪穴石室+石棺だそうです、遠くに海を望むことが出来る


箱式石棺
亀塚の側に説明も無しに置かれていた


もう1基、どこか他所からの出土でしょうか


(2001年)
復元された墳丘、公園化され海部古墳資料館がある


墳丘側面、くびれ部に造出


復元された箱式石棺、緑泥片岩板石を使用


小亀塚古墳
前方後円墳、TL35,R25、5C後半
位置:亀塚北東30m

(2016年)
亀塚北側にある復元墳丘


家形石棺レプリカ、本物は破壊、完全に想像で作られたそうな


後円から前方、奥に亀塚


(2001年)
前方部斜め後方から


家形石棺、近くの神社にあった石棺を参考に復元、本物は資料館にある


(見学記)
(2001年)
全長118m県内最大級の前方後円墳で海を望む丘陵上に立地している。現在古墳公園として整備され墳丘が復元されている。後円部に主体部が二つありかなり破壊されていたがそのうち箱式石棺が復元公開されている。緑泥片岩板石を使い副室を持つ県内最大の石棺です。すぐ北側に全長35mの前方後円墳小亀塚古墳がある。整備に伴う発掘で前方後円墳と判明、こちらも復元されている。亀塚は5C前半、小亀塚は5C後半で亀塚の後の王の古墳だが随分小型になっている。公園内に海部古墳資料館(入場無料)がある。発掘使用や模型の展示が主だが結構見応えがある。中にある家形石棺が近くの神社にあった本物でこれを参考にして作ったレプリカが小亀塚古墳に置かれている。
[ 2017年08月03日 20:21 ] カテゴリ:大分市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR