古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  前橋市 >  広瀬古墳群

広瀬古墳群

群馬県前橋市 1990年1月訪問、1997年1月再訪

広瀬側右岸の高台に位置する150基以上からなる古墳群だが殆ど消滅。住宅団地の中に13基残存

不二山古墳二子山古墳八幡山古墳天神山古墳上川渕97号亀塚山古墳山王金冠塚古墳文珠山古墳阿弥陀山古墳(クリックでジャンプ)

古墳群分布図:青が残存、赤が消滅古墳、大半が消滅しているのがよくわかる、画面左上が北、左端にあるのが二子山古墳、中央やや左が八幡山、その右が天神山
(以下の古墳も現地北側から順に並べています)


不二山古墳
前方後円墳、TL50,R30,FW38,RH7,FH6
位置:36°22′43″N 139°05′19″E

一番北側、住宅地の中にあって意外とわかりにくい、墳丘は雑草に覆われている


後円部葺石


前橋二子山古墳
前方後円墳、TL104,R72,FW76,RH11,FH9.5、6C後半
別名天川二子山古墳
位置:36°22′26″N 139°05′31″E

どっしりとした印象の墳丘、この公園内に分布図がある


左手が後円部


前方部上段隅から後円部


前橋八幡山古墳
前方後方墳、TL130,R72,FW59,RH12,FH8、4C後半
東国最大の前方後円墳
位置:36°21′50″N 139°06′15″E

大きさの割にスリムな印象を受ける、手前が後方部


前方部隅から後方部


左手が後方部


前橋天神山古墳
前方後円墳、TL129,R75,FW68,RH9,FH7、4C後半
位置:36°21′42″N 139°06′26″E

後円部の一部のみを残して削平された哀れな状態、覆い屋の下に粘土槨があるが実物やレプリカが見られるわけではない


上川渕97号
円墳、R30
位置:36°21′32″N 139°06′40″E

墳丘上に飯玉神社古墳がありかなり削平されている


亀塚山古墳
帆立貝式、TL60,R40,FW15,RH6.5,FH1.5、6C前半
位置:36°21′13″N 139°07′15″E

後円部正面、公園内に保存


後円部から前方部、前方部は低平で文字通り亀の尾の様


山王金冠塚古墳
前方後円墳、TL52,R32,FW42、7C初
元の名は山王二子山古墳、金銅製冠が出土してこの名になった
位置:36°21′01″N 139°07′20″E

薄い板を2枚重ねたような2段築成の墳丘が復元されている、冬枯れの芝がまさしく黄金のイメージを想わせる


後円部から前方部


前方部隅から後円部


文殊山古墳
円墳、R50,H6.1
位置:36°20′54″N 139°07′28″E

文殊山(右)、阿弥陀山(左)、住宅街の南外れの畑の中に2基並んでいる






阿弥陀山古墳
円墳、R25,H3.6



文殊山からの眺め


(見学記)
前橋市前橋古墳群の紹介です。市の中心部文京町から東南方向約3kmにわたって帯状に分布しています。かっては144基あったそうですが現在残っているのは9基だけです。すべて揃っていた時はさぞかし壮観(それとも不気味)だったでしょうね。タイムマシンが欲しいよー。殆どの古墳で河原石を使った葺石が見られ埴輪の破片も見られます。

不二山古墳
文京町にありますが周りが住宅街で場所は分かりにくいですが周りは空き地になっているので墳丘は見やすいですよ。全長50mの前方後円墳で背の高い墳丘ですがあまり前方後円墳らしい姿は保っていません。前方部上にバケツで土を掻き出した深い穴があったのでとりあえず文化財保護課に連絡。史跡指定に向けて準備中とのことです。

前橋二子山古墳(天川二子山古墳)
県立文書館東,県道脇にあり全体が公園になっています。全長105m,高11mの大きな前方後円墳で墳丘の保存状況もよく2段築成もよく観察できます。でっぷりとした感じの墳丘です。前方部麓に古墳群全体の分布図があります。国史跡。

前橋八幡山古墳
墳丘上の松林が遠くからでも目に付きます。古墳群中唯一の前方後方墳で全長130m,高12mと規模は二子山より大きいのですが横から見るとほっそりした感じです。でも墳丘上に上がるとさすがに大きい。くびれ部が低くて二つの小山のような感じです。下草が殆どはえてなくて墳丘の様子がよく観察できます。国史跡。

前橋天神山古墳
全長126mの前方後円墳ですが現在は後円部の中心部あたりが四角い土塔のように残っているだけです。無残やなぁー。墳頂部に粘土槨がありますが埋め戻されていて全く見ることは出来ません。眺めがいいのがせめてもの救い。県史跡。

飯玉神社古墳
円墳ですが上に神社が乗っていて神社の基壇のようです。すぐ側にも円墳のような高まりがあります。

亀塚山古墳
帆立貝式の古墳です。全長65m,後円部径40m,高6.5mに対して前方部幅15m,高1.5mと非常に小さいのが特徴です。墳丘が復元されているかどうか判りませんがほぼ完全に残っているようです。市史跡。

山王金冠塚古墳
公園脇に墳丘が復元されています。全長52mの前方後円墳ですが長さの割に高さが低く前方後円形の板を2枚重ねた感じです。冬は芝が枯れて黄色になっていてまさしく金のイメージです。市史跡。

文殊山・阿弥陀山古墳
団地の東南外れ,畑が広がる境辺りに2基の円墳が並んでいます。大きいのが文殊山,小さいのが阿弥陀山古墳です。文殊山は墳頂部が墓地になっていますが共に墳丘は良好のようです。説明板も何もありません。数少ない生き残りですから何らかの保護をさしのべて欲しいものです。
[ 2013年03月29日 10:23 ] カテゴリ:前橋市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR