古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  前橋市 >  庄司原古墳群

庄司原古墳群

群馬県前橋市(旧富士見村)2005年5月訪問

1号を古墳公園として保存、2,4号石室移築
6C後半~7C後半

1号
円墳、R14(基壇を含めるとR24)
横穴式石室
位置:36°27′01″N 139°03′48″E

復元墳丘


石室前に前庭状墓道がある


石室正面


羨道


奥壁


墳丘図(説明板より)


2号
円墳、R20
横穴式石室

上部を失った石室


玄室、榛名山噴出安山岩の転石を使用


玄室斜め上から


玄室斜め上から、玄室に間仕切りがあり奥が一段高くなっている


奥上から


4号
円墳、R16
横穴式石室

上部を失った石室


玄室、見事なまでの切石積み、奥壁は左右対称を意識しているようだ、側壁も切石積み


石室斜め前から


(見学記)

同村横室、緩斜面を削って流れる小川に望む高台に位置する古墳群です。7基が確認されましたが現在は1号が復元保存されて横室古墳公園として公開(駐車場あり)、2,4号の石室が移築されています。1号は周溝を巡らす円墳で2段築成というか基壇の上に円墳を乗せた構造で基壇部の大きさは径24mです。南に開口する石室は前に前庭状の墓道が付いています。石室は柵があって中には入れず。玄室も暗くてよく見えません。2号墳の石室は上部を失っていますが石室は6Cに噴出した榛名山角閃石安山岩の転石を利用した互の目積みで構造がよくわかります。床面には仕切石があって奥の方は丸石を使った敷石を一段高く積み上げています。4号も上部を失っていますが見事な切石積みの石室。特に奥壁は中央に切石の巨石を置きその周囲にも切石を巧く配置して左右対称になるようにしています。あまり見事すぎて現代の補修かと間違えそう。
[ 2013年03月29日 10:38 ] カテゴリ:前橋市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR