古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  沼田市 >  奈良古墳群

奈良古墳群

群馬県沼田市 2005年5月訪問

河岸段丘上に十数基残存、横穴式石室主体

分布図


全景:背後の高台からの眺め


1号
位置:36°39′47″N 139°04′40″E

墳丘、石室正面


羨道


玄室、長3m程度


奥から外、両袖式だが前後にややずれる、天井石が一部抜かれている


2号
石室正面


低い羨道


1枚石の奥壁


奥から外、袖石が平石でまるで支石のよう


3号
墳丘、石垣は後世の物


石室正面、左右の長い石が目立つ


低い羨道


巨礫が敷かれた玄室


奥から外、右の側壁が平石のため、土圧で崩れかけている


4号
天井石が露出した墳丘


奥壁


5号
墳丘


露出した天井石、内部は埋没


6号
墳丘、石室埋没


7号
R15,H3.5

墳丘、墳丘石室とも最大クラス


石室正面


整った玄室、長5m程度、石材に溶岩が冷え固まったような跡がある


一枚石の巨石奥壁


奥から外、外光を遮ってストロボ無しで撮影


8号
墳丘流失、石室露出


石室側面


9号
石室開口部、羨道壊失


小型の玄室ながら奥壁は1枚石


10号
石室正面


玄室、長5m程度、右側に副室入り口がある


副室入り口


副室、奥行き2m程度


奥から外、羨道床面を一段高くして玄室床面を低くしている、7号も同様の構造をしている


11号
墳丘流失、天井石露出


石室側面


奥壁



(見学記)

市内奈良町の広い河岸段丘上にある古墳群で現在十数基が残っています。横穴石室主体でそれ程大きい物ではありませんが割と良好に残っているのが5,6基あります。ここの石室は写真を見て貰うとして特筆すべきは10号墳。群の中でも割と大きな石室ですが玄室の中程に副室があります。玄室長は5m程度でこちらは奥行き2m程、造りもなかなか本格的です。今まで副室のついた石室は幾つも見てきましたが大抵は一番奥辺りにあって奥行きもあまりない物でしたが、こういう石室は初めて見ました(岡山市の二又古墳とはまた構造が違うし)。他に1号と7号で線刻らしきものがあったが本物だろうか、いたずらだろうか。この2基は石材にも溶岩が冷え固まったような跡があってこれも群馬県らしく感じました。ここは土地の公有化がすんで将来は公園になるようです。その時は入れなくなる石室もあるだろうから訪問するなら今のうちですね。
[ 2013年03月29日 10:47 ] カテゴリ:沼田市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR