古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大分県  >  宇佐市 >  久々姥古墳

久々姥古墳

大分県宇佐市 2001年5月訪問、16年2月再訪

円墳、R25,H5、6C後半
複室構造石室
位置:33°32′01″N 131°18′24″E

(2016年)
藪に包まれた墳丘、その前に標柱、その前に売家の看板、さすがに”売古墳”はないだろうな


墳丘は良好に残る


激狭の開口部、前回は裸の状態だったのですぐ分かったが今回は苦労した


石室は良好に残るが玄室土砂流入か、奥に見えている袖石は後室のかな、こんな所にわざわざ空缶を投げ入れるな(怒)


2号
横穴式石室
西側に2号の標柱、奥に墳丘が見えている


こちらも良好に残る墳丘


同じく激狭の開口部


こちらも石室良好、単室かな、奥壁も見えているようだ


(2001年)
墳丘、石室が僅かに開口


石室内部


(見学記)
(2016年)
宇佐市猿渡、15年ぶりの再訪、墳丘は相変わらずの藪に包まれています。開口部も何処にあったかなと探す状態でした。西側50mに2号がありこれが今回の目的、標柱が立っていてその背後に墳丘があり状態良く残っています。南西側に開口していますがこちらも更に激狭状態、カメラを突っ込んでも羨道くらいしか写りませんね。ちなみに養護学校は宇佐支援学校となっています。2号前に学校駐車場あり。県史跡。

(2001年)
国道10号旧道に養護学校入り口の標識がありそこを入るとすぐ右手に墳丘が見えてくる。径25m、高5mの円墳でほぼ裸の状態だが土盛りされているようであまりいい感じはしない。南側に石室が開口しているが入り口が土で埋まりかろうじて隙間がある。覗いても中は見えないがカメラを突っ込んで写してみると以外と中は埋まってないようだ。複室構造の石室とのこと。西側50mに2号墳があるが農地の中で周りに柵があり中には入れない。県史跡。
[ 2017年06月15日 18:54 ] カテゴリ:宇佐市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR