古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大分県  >  宇佐市 >  凶首塚古墳

凶首塚古墳

大分県宇佐市 2001年5月訪問、16年2月再訪

形不明
横穴式石室、玄室長2,幅1.8m
位置:33°31′26″N 131°21′59″E

(2016年)
入り口に標柱、ここから1分もかからない


完全露出した石室、後部しか残っていない


正面から、左の竹やぶは以前はなかったな


奥壁側壁天井石1枚ずつ残存、鬼の岩屋式と言っていいんでしょうか


石室内部、天井は圧倒的迫力


左側壁は上部が円形で天井を支えるのに不安定


右側壁は横に長くこちらは天井石安定


石室背後から


(2001年)
石室が完全露出、各壁が1枚石の巨石で構成


(見学記)
(2016年)
宇佐市北宇佐、ここも再訪、側の道路に案内表示があります。墳丘流失石室完全露出、熊本県でよく見られる鬼の岩屋式石室で玄室部分残存、奥壁側壁天井石とも各1枚ずつ残っています。しかし熊本でもそうですが鬼の岩屋式石室は完全露出しているのが多いけど何か理由があるんでしょうかね。前回訪問分は1枚しかアップしてないな、ただ竹が茂ってきていてあのアングルでは撮れなかった。久々姥古墳もそうだったけどここも説明板は無し。県史跡。

(2001年)
国道10号に宇佐風土記の丘の案内表示がありそこを曲がるとすぐ案内表示がある。古墳は平野を望む丘陵端にあるが墳丘は流失、玄室のみが段々畑の中にポツンと残っている。玄室は各辺2m程度、1枚石の巨石を使っている。県史跡。
[ 2017年06月15日 18:59 ] カテゴリ:宇佐市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR