西条古墳群

兵庫県加古川市 2002年4月訪問

前方後円墳1,帆立貝式2。小型古墳はほとんど消滅

尼塚古墳
帆立貝式
位置:34°46′42″N 134°53′22″E

すっかり樹木に覆われている


行者塚古墳
前方後円墳、TL90,R64,RH10,FW47,FH5.5、中期
位置:34°46′44″N 134°53′29″E

墳丘側面、右手が後円部、くびれ部で発掘中


人塚古墳
帆立貝式、R50,H9
位置:34°46′49″N 134°53′20″E

墳丘南から東側方向、墳丘は樹木に覆われているが周溝が巡っているのが分かる、右手奥に西条廃寺がある


(見学記)

こちらも丘陵上にあるが住宅開発で3基の大型墳以外はほとんど消滅している。最大は全長90mの前方後円墳行者塚古墳、最近ちょくちょく発掘のニュースを目にしているので大規模な発掘を行っていると思ったらくびれ部東側で僅かな面積が発掘されているだけだった。他の2基、尼塚古墳、人塚古墳は樹木に覆われ墳丘を見ることはできない。人塚の東側に西条廃寺があり現在は公園となっている。国史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR