古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  太田市 >  太田天神山古墳

太田天神山古墳

群馬県太田市 1990年1月訪問

前方後円墳、TL210,R120,RH17,FW126,FH12
位置:36°17′20″N 139°23′41″E

墳丘図


近くの陸橋からの遠望、東国最大の前方後円墳


墳丘南側、冬場は結構透けて見えている


後円部北側、周りを広い周溝が巡る


前方部から後円部


くびれ部にある長持形石棺の一部(90年当時)現在は落ち葉に埋もれているようだ


陪墳A号


(見学記)

太田市といえばまずここでしょう,全長210m東国最大の前方後円墳です。背の高い後円部とくびれが弱く後円部径とほぼ同じ幅の前方部でその分大きな感じのする墳形です。後円部を県道がかすめていますが墳丘は概ね良好,2重周溝があり現在内掘まで保存されています。くびれ部上段に盗掘を受けて転落した縄掛け突起のついた長持形石棺の底石があります。半ば埋もれかけているので注意しないと見逃すおそれあり(現在は見られないかも)。墳丘全体が落葉樹林となっているので冬に行くと樹間越しに墳丘の全体像が見通せます。後円部と前方部隅(こちらは消滅)に陪墳有り。別名男体山古墳。国史跡。
[ 2013年04月02日 13:17 ] カテゴリ:太田市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR