塚廻4号

群馬県太田市 1990年1月訪問

帆立貝式、TL23,R18,RW9、6C後半
位置:36°16′54″N 139°25′37″E

耕地整理で水田下から7基の古墳を検出


4号墳を整備して埴輪を復元


発掘時の写真(説明板より)後円部左手に僅かに3号の墳丘が見えている


(見学記)

市街地東部龍舞地区にある古墳群の内の1基です。土地改良事業で7基の古墳を偶然発見,現在水田下に周濠だけが残っていますが4号墳が墳丘を復元,上に埴輪を並べて展示されています。全長23mの低平な帆立貝式古墳で周溝を伴っています。埴輪が現位置のまま発見されその造形の見事さなどから一括して国重要文化財に指定され県博物館に保存展示,古墳自体は県史跡。すぐ脇に3号墳の周溝と墳丘の一部(本当に極僅か)が見えています。HP「群馬の古墳」に書いてあったけど事前に知っておかなければまず気づきませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR