古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  奈良県  >  葛城市 >  太田古墳群弥宮池北支群

太田古墳群弥宮池北支群

奈良県葛城市(旧當麻町)1998年4月訪問、1999年再訪

位置:34°29′34″N 135°42′02″E

バイパスの延伸に伴って発掘、その後消滅
上は98年、下は99年の写真。ほぼ同じ場所を撮影

丘頂と左下に1基ずつ


No.1の丘頂の古墳、眺望が大変いい、堆積土を除くと元の形が良く残っている


No.1の左下の古墳、左遠方墓地辺りに平林古墳


尾根中腹に3-4基の古墳


No.8左端の古墳


No.7の尾根東側に続く、バイパスがすぐ下まで延びてきている
[ 2013年04月03日 09:32 ] カテゴリ:葛城市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR