ボウジ古墳群

奈良県三郷町 1999年4月訪問

3基

1号
方墳、L15
横口式石槨墳、玄室長5,幅1.55,高1.4m
位置:34°36′02″N 135°39′37″E

尾根上から見た墳丘


石室正面


玄室、石槨


横口式石槨


上奥からから、上部がすっかり破壊されているがその分構造がよく分かる


上横から


(見学記)

町役場西方の団地内にのどか村の案内標識があちこちにあるのでそれに従っていく。のどか村に着くとその西側に小さな神社があり赤い鳥居脇の山道を登っていく。最初のピーク辺りから尾根筋を下るとすぐに南側斜面に3,2号があるが共に小さく藪に覆われている。2号でわづかに石材が見えている程度。さらに下っていくと尾根端のやや手前南側斜面に1号がある。臨時第三駐車場から尾根を直接登った方がわかりやすいかも。墳丘も多少残っているが盗掘されて石室がむき出しになっている。巨石を使った無袖式の石室で奥には横口式石槨があるが盗掘で上部を壊失、刳り貫きのある底石しか残ってなく、玄室天井石も2枚だけ残存。しかしその分上から見ることが出来るので石槨の裏込め石など石室の構造がよくわかる。すぐ南側は大阪府でむしろ平尾山千塚古墳群に属するのかもしれない。しかしこれほどの古墳にも関わらず説明板の類は一切無し。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR