新村古墳群

兵庫県加西市 2010年2月訪問

5号
横穴式石室、全長5.2m、玄室長3.5,幅1.4,高1.5m

3基中一番上にある


石室正面、羨道の一部崩壊


開口部


玄室、他の2基に比べてやや小型


奥壁は1枚石+α


奥から外、無袖か両袖か


6号
横穴式石室、全長7m、玄室長4.2,幅1.8,高2m

7号から見た5,6号


良好に残る墳丘


南東側から


石室正面


入り口から見た石室


持ち送りの殆どない玄室、奥壁は1枚石+α


奥から外、両袖式


7号
横穴式石室、全長8.5m、玄室長4.5,幅2.3,高2.3m
位置:34°50′48″N 134°52′48″E

墳丘良好、群中最大


墳丘、石室正面


開口部


入り口から


玄室、石材は荒々しい


奥壁は巨石1枚石+α、何故か今は亡き某歌手の写真などが


奥から外、両袖式


(見学記)

加西市網引町、県道79号を加古川市側から北上して500m程、右側に周辺寺の案内表示があるのでそこを左折、50m行くと小さなため池がありその北側にあります。周りは藪に囲まれて進入困難、東側県道脇に小さな祠がありそちらから進入可(と言っても痕跡道くらいしかなく冬場か春先じゃないと困難でしょう、しかも見つけたのは見学後だし)。藪を抜けると3基の古墳(5-7号)が三角形の位置に立地、その間は広場のようになっていて奇跡的に下草が生えておらず見学容易、3基とも墳丘石室が良好に残っています。南東のが7号で石室全長8.5m、南西のが6号で7m、どちらも袖石を立てた両袖式奥壁はほぼ巨石1枚と構造がよく似ています。三角形の頂点にあるのが5号でこちらは全長5.2mとやや小型、無袖式かな。他に2号で石室が開口しているそうだが見忘れた。3基とも苦労して見学する甲斐のある古墳です。7号で今は亡き某歌手の写真などが飾られていたのが残念。多分誰かが個人的にしたのだと思うけどさすがに片付けるのは憚られた。
ここは場所がなかなか分からず近くの集落内を彷徨いていたら犬が激しく吠えたのを不審に思った住人の方が出てきたのでこれ幸いと聞いてみたらその人が詳しく知っていて場所を教えてくれました。古墳犬じゃないけど犬も偶には役にたつ(笑)。何年か前に大学の調査も入ったそうで痕跡道もその時つけられたのかな。祠辺りに駐車可。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR