古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  倉敷市 >  広江南池古墳群

広江南池古墳群

岡山県倉敷市 2009年4月訪問

3基

1号
横穴式石室、玄室長5,幅1.3,高1.2m
位置:34°31′02″N 133°46′48″E

石室露出、羨道崩壊


開口部


石室入り口から


少し入って


鏡石を据え左と上に+α


奥から外、無袖かな


2号
横穴式石室、玄室長4,幅1.8,高1.7m
位置:34°31′06″N 133°46′53″E

果樹園内に小さな墳丘が残る


西向きに開口、右側の石組みは現代のかな


開口部


やや持ち送りのある玄室


平石を積み重ねた奥壁


奥から外、片袖式


3号
横穴式石室、4m以上(現状)
位置:34°31′07″N 133°46′56″E

果樹園入り口辺りにある、こちらからでは古墳と分からないかも


頂部に石室露出


1,2号と違い東向きに開口


石室正面


石室上から


奥壁、小さな鏡石が残る


(見学記)

倉敷市広江6丁目、3基からなる古墳群です。県道62号スカイライン北口交差点から南へ200m程行き、十字路を西に曲がって300m程、左側果樹園の一番下方(北側)に2号があります。地図上では道路脇だけど崖になっているので道路からは見えない。小さな墳丘が残り西側に開口、羨道は殆ど破壊のようで一部見えているのは現代のかな。玄室は完存多少異物が入ってますが問題ないレベルです。はっきりした右片袖式で奥壁も鏡石がないなど1,3号とは少し異なっています。東側の3号は果樹園入り口辺りにあるが墳丘はちょっと分かりにくい。石室がかなり露出天井石も大分破壊されています。奥壁は小さな鏡石と思われるのが残っています。1,2号と違いここは東向きです。1号は2号西側200m程、道路から5,60m入った林の中ですがちょっと分かりにくい。石室が露出、西向きに開口していて羨道は崩壊状態ですが玄室は多少埋まりながらも完存しています。奥壁はそれ程大きくないけど鏡石を右側に据え上と左に小石を詰めています。この古墳群は3基という少数ながら石室の向き袖奥壁など微妙に違っていて共通した要素がないですね。北側道路に駐車スペースあり。
[ 2013年04月05日 20:27 ] カテゴリ:倉敷市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR