王墓の丘史跡公園(王墓山古墳他)

岡山県倉敷市1988年1月訪問、1996年4月再訪

横穴石室を主体とした60基からなる古墳群、他に楯築弥生墳丘墓、古代寺院跡がある、丘陵が住宅地化される中一部が公園として保存されている

史跡公園案内図


楯築弥生墳丘墓
弥生墳丘墓、双方中円形
位置:34°39′35″N 133°49′41″E

画面奥と右手前に突出部があった


墳丘上に並ぶ奇妙な形の石列、側の建物に弧帯石が納められている


王墓山古墳
組合式家形石棺
位置:34°39′24″N 133°49′44″E

墳丘(かなり破壊)の側に復元されている


地元産の浪形石使用


赤井南3号
位置:34°39′22″N 133°49′52″E

天井石壊失、石室露出、この様な状態の石室が多い


西宮2号
玄室長4.4m
位置:34°39′34″N 133°49′48″E

民家の庭に石室が完全露出、天井石まで良好に残っている


東谷12号
人一人が入るのがやっとの小さな玄室


東谷18号
石室全長7m
位置:34°39′22″N 133°49′49″E

石室正面、天井石が1枚危うく残っている


真宮6号
石室全長11m,玄室長5.6m
位置:34°39′15″N 133°49′48″E

細長い石室が露出、天井石まで良好に残っていてまさしく石舞台


石室内部


(見学記)

岡山市のと境界近くの独立丘陵上にある。すっかり住宅地化されているが楯築遺跡をはじめ多数の横穴石室墳、古代寺院跡が残っている。

楯築弥生墳丘墓
古墳に至る前段階の墓として何かとよく引き合いに出される遺跡。双方中円形をしているが南側は水道タンクで破壊、北側は住宅建設で崖となっていて消滅、現状では径40m程の円墳状をなしている。上に奇妙な形の石が立ち並んでいるがこれは当時からの物だろうか。側に御神体の弧帯石を納めた建物があり窓から覗くことが出来る(デジカメで撮ったらここの写真だけノイズが入っていた、祟りじゃー 。国史跡。

王墓山古墳
墳丘の形はすっかり分からなくなり石室内にあった家形石棺が側に置かれている。地元産の貝殻石灰岩(浪形石)を使用している、県内には同じ石材を使った石棺が5基あるが他のは全て刳抜式石棺で組合式はここだけ。棺身にほぞ穴を彫り込んだ高度な加工がなされ蓋には縄掛け突起が付いている。県史跡。

王墓丘古墳群(勝手命名)
60基ほどの古墳があったが住宅地化される中で結構な数が公園として残っている。狭い場所なのに5つもの古墳群に分かれている。全体に状態は良くなく石室が露出、天井石もなくなっているのも多いが中にはきれいに石室が露出しているのもある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR