古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  倉敷市 >  田の口古墳群(荒神三ツ塚古墳他)

田の口古墳群(荒神三ツ塚古墳他)

岡山県倉敷市 2003年5月訪問

4,5基程度(数字は仮称)

1号(荒神三ツ塚古墳)
横穴式石室、玄室長5m(目測値)
位置:34°28′06″N 133°51′09″E

神社境内に残る石室、完全露出、羨道は壊失


玄室、奥壁は1枚石だがかなり薄い


奥から外


2号
横穴式石室、玄室長6,幅1.5,高1.5m(目測値)

民家石垣に開口する石室


細長い玄室、補強の支柱があるが状態はよい


奥から外


3号
横穴式石室、玄室長3,幅1.5m(目測値)

石室正面、羨道は壊失


玄室、奥壁の一部が抜かれている


石室背後から


(見学記)

海沿いの国道430号を西に行くと田の口の集落に入ってすぐに鳥居がありその奥に神社がありますが道が入り組んでいて分かりにくいかもしれない。神社境内に古墳がありますが墳丘がすっかり流失し羨道も失われていますが玄室部分はほぼ完存すっかり露出した状態で保存されています。長さ5m程度の細長い玄室で奥壁は1枚石ですが裏から見ると大きさに比べて随分薄い。社殿裏に巨木がありここに神社と古墳群の簡単な説明があります。それによると付近に4,5基環状に分布しているそうで探さなくちゃと思う間もなくすぐ北側の民家石垣に怪しき穴が開口していました。柵がありますが鍵はかかってなく側に所有者の方がいたので断って入ると中は6m程、羨道は失われていますが玄室は良好に残っています。中に水が溜まるため溝を掘って排水したそうですが上に住む方にとっては邪魔者以外の何者でもないんだろうな。他の古墳も聞いてみたらすぐ北側の桜の木の下にあるとのこと。行ってみるとここも石室が露出、羨道は壊失奥壁も一部抜かれていますが小型の玄室が残っていました。
[ 2013年04月05日 21:11 ] カテゴリ:倉敷市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR