三陵墓古墳群

奈良県奈良市(旧都祁村)1998年4月訪問

三陵墓東古墳
前方後円墳、TL110,R72,FW50
位置:34°35′28″N 135°57′41″E

_1:西古墳からの眺め、墳丘修復、公園化


三陵墓西古墳
円墳、R40

99年7月公園化


西からの遠望、南側の丘陵から張り出した低い尾根上にある


三陵墓南古墳
円墳


(見学記)

白石地区の東西に伸びる盆地の南側丘陵先端にある古墳群です。東,西,南古墳からなりそれで三陵墓と呼ばれていますが他にも小円墳が幾つかあるようです。東古墳は全長 90m の前方後円墳でかっては後円部が宅地にかなり浸食されていましたが現在は公園化され墳丘が復元,一部に埴輪も並べられています。後円部南側の尾根上に円墳が4基程見られます。西古墳は東古墳のすぐ西側の尾根上,径 40m の円墳です。最近数回の発掘を受け丸裸状態,「日本の古代遺跡(奈良中部)」 P248 に載っている写真とはまるで違っています。ここも公園化されるのでしょうか。南古墳は西古墳の南側,道路で切断されていますが同じ尾根上にある径16mの円墳で神社の背後にあります。東古墳が県史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR