東村山古墳

兵庫県多可町(旧中町)2002年4月訪問

円墳、7C末
横穴式石室、玄室長2.7,幅1.8,高1.6m
家形石棺0.91×2.08×0.54m
位置:35°04′14″N 134°55′06″E

墳丘、石室正面、山裾に立地、羨道壊失


玄室


組合式家形石棺、蓋が薄く縄掛け突起もない新しい形式、中央公民館に保存
(35°02′52″N134°55′23″E)


(見学記)

中央公民館に石棺が保存されているというのでまずここに行ってみた。すぐ分るだろうと思ったが見つからない。ちょうど公民館は休みで人に聞くことも出来ず中にでも保管しているのかなと思って諦めて帰ろうとしたらなんと併設している喫茶店の前に展示していた、あぶないあぶない。石棺は組合式家形石棺で蓋が薄く縄掛け突起のない新しい形式です。説明板によれば石室も永久保存処置をしているというので早速行ってみる。付近の方何人かに聞くと皆さん親切に教えてくれるがどうも道が違う、どうも東山古墳群の事と勘違いしているようでした。それでもなんとか鉄工所の脇にある古墳にたどり着いたが、何ださっき工場入口から覗いているじゃないですか、草茫々で気付かなかったみたいです。墳丘は石垣の上に残っていて入るのに一苦労、石室は玄室のみ残っています。永久保存処置と言ってもセメントで補強している程度、地元の方にもすっかり忘れ去られつつあるようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR