下村古墳

岡山県真庭市(旧北房町)1999年4月訪問

円墳、R25,H5、6C後半
横穴式石室、全長12.3m、玄室長6.5,幅2.4,高2m
位置:34°56′47″N 133°38′06″E

細長い尾根の中間付近に立地する墳丘


石室正面


羨道、玄門


玄室


奥から外、両袖式、県内でも有数の長さ


(見学記)

定古墳群から集落内の町道を北上し、山麓沿いの道を行くと案内用の石碑があるのでそれに従って山側に入る。溜池そばの細長い尾根上に立地、径 25m の円墳で南側に石室が開口、全長12.3m、玄室長6.5mの両袖式ですが左袖はブロック状に石が突き出ている。他の古墳同様ここも角礫岩が使われていて全体に荒々しい感じがする。6C後半。町史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR