古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  真庭市 >  四ツ塚古墳群

四ツ塚古墳群

岡山県真庭市(旧八束村)2001年4月訪問

円墳19基、現存16基

1号
円墳、R24,H3.5
横穴式石室、玄室長4.85,幅1.9,高2.3m
位置:35°17′32″N 133°43′01″E

墳丘、石室正面、平野と反対側の北側に開口


羨道


玄室、小型の平石を使用


奥から外、右片袖式


2号
墳丘越しに1号が見えている


3号


4号
左奥に3号


左から4,3,2号、1号も含めて低い尾根上に並ぶ


5号
左奥に6号


6号


8号


3号よりの眺め、8,9,10号は低地にあって状態が悪い


13号
発掘で木棺2基が検出されている


15号


(見学記)

蒜山高原にある盆地の北側、低い丘陵を利用して造られた19基からなる古墳群で現在16基が残存しています。南側にある1-4号が径30m程で大きく目立つことからこの名が付きました。1号墳は径27m、高4mの円墳で唯一石室が開口しています。平野と反対側の北向きに開口した右片袖式石室で玄室長5m、幅2m、高さ2.3mで平石を積み上げています。入り口に柵がありますが何とか中に入れる。谷を挟んだ北側林の中に13号墳があります。造出を伴う円墳で2基の箱形木棺が検出されています。1号とほぼ同じ後期前葉の築造です。内容が分かっているのはこの2基だけ。現在一括して国の史跡に指定され公園として整備されています。西側に蒜山郷土博物館(入場料300円)があり古墳群の模型や13号出土品、主体部模型が展示されています。
[ 2013年04月09日 19:55 ] カテゴリ:真庭市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR