市尾宮塚古墳

奈良県高取町 1991年4月訪問、2000年再訪

前方後円墳、TL44,R23,FW23
横穴式石室
家形石棺
位置:34°26′23″N 135°46′31″E

前方部隅から後円部


石室入り口(92年)


玄室


刳抜式家形石棺、朱を塗った跡がある


奥から外


修復された石棺(00年)


(見学記)

墓山古墳の西側丘の上,天満神社裏の杉林の中にあります。全長44m の前方後円墳で前方部で盗掘跡がありますが全般に保存状態は良好です。後円部に横穴式石室が開口していて楽にはいることが出来ます。全長 10m 両袖式の石室で奥に家形石棺がありますが破壊がひどく破片が転がっています。身と蓋の一部の形がかろうじて判る程度です。
(その後石棺は復元され外から見学するようになりましたがが石室の中に入ることは出来なくなりました)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR