古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  兵庫県  >  たつの市 >  山津屋古墳群

山津屋古墳群

兵庫県たつの市(旧揖保川町)2011年2月訪問

石室多数も殆ど残骸状態

遠望:北側黍田向山古墳群からの眺め、山頂に1,2,3号


1号
横穴式石室
位置:34°48′38″N 134°31′29″E

山頂に立地した1号、頂部に石室露出


石材散乱状態


こちらが正面側


横から、基部がなんとか分かる


2号
横穴式石室

1号から見た2号、更に奥に3号が見えている


天井石を失った石室、1,3号に比べてやや小形


石室奥辺り、玄室内に落下した天井石、厚みが薄い


3号
横穴式石室

よく残る墳丘


基部が残存


奥側から、側壁が曲がっているような


4号
天井石露出、これでもましな方


5号
石材散乱状態


6号
石室構造さえよく分からず


7号
もはや何が何だか


8号
天井石1枚と基部が分かる


9号
造出附き円墳、6C前葉
位置:34°48′34″N 134°31′31″E

大きな墳丘が残る、周りに周溝の窪みが残る


右側に造り出し、造出は2カ所あるそうだ


頂部に石材露出、古式横穴石室を持つ


10号
僅かな高まりに石材散乱


12号
他と違い12,13号は急斜面に立地


13号
斜面の向きからして左側の石は側壁でしょうか


14号
横穴式石室
位置:34°48′31″N 134°31′26″E

急斜面に構築、墳丘流失


側壁が見えているが内部埋没


下側から、右斜め下が開口部でしょうか


(見学記)

黍田向山古墳群から更に南の山を目指して登る。標高200mの山頂に1号墳があります。墳丘はそこそこ残っていますが石室露出状態も良くなくなんとか南東に開口かなと分かる程度です。南側に2,3号が隣接、どちらも石室露出1号に背を向けるように南に開口、3号は1号と同規模の石室だけど2号は少し小型です。更に南に下っていくと9号の墳丘が良好に残っています。造出が2カ所あり周溝の跡も確認できます。6C前葉だそうで古墳群最初の古墳でしょうか。古式の石室を持つそうだが墳頂部に石が1枚露出しているのがそれかな。他にも多くの古墳がありますが殆ど石材散乱状態で石室構造が推定できるのも殆どなく表示板が頼りの状態です。
[ 2013年04月11日 19:48 ] カテゴリ:たつの市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR