塚中古墳群(奥原古墳群)

群馬県高崎市(旧榛名町)1992年1月訪問、1997年再訪

56基中23基保存、地上に見えるのは7-8基程度

4号


6号
皆表示板が付いている


9号
左奥に7号、右奥に53号


53号
円墳、R25,H3、7C初頭
横穴式石室、全長8.8m
位置:36°21′42″N 138°56′03″E

墳丘、群中最大、周囲をフェンスで囲まれている


玄室、奥壁は1枚の巨石、他は自然石乱石積み


両袖式、やや持ち送りがある


発掘風景:53号南側、92年当時、墳丘下部が残存、方墳?、石室内に敷石があり閉塞石も残っている


(見学記)

奥原53号
しどめ塚を更に西に上がっていくと工場の東側に53号の墳丘が復元されています。横穴式石室が開口していますが墳丘がフェンスで囲まれていて入ることは出来ません。土地改良に伴い56基中36基が発掘され他は現状保存されたそうです。と言うことは36基は53号以外は消滅したんでしょうね。周りに6基の古墳がありこちらは町の史跡として保存されています。何故か名前が塚中古墳群となっています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR