古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  群馬県  >  玉村町 >  梨ノ木山古墳

梨ノ木山古墳

群馬県玉村町 1992年1月訪問

帆立貝式、R40,H7、5C中
位置:36°17′08″N 139°08′06″E

二重周溝を持つ


前方部は消滅しているようだが後円部は良好


1,2は90年、3,4は2000年


北側が道路で少し削られている


(見学記)

軍配山古墳南東700mにある径40m、高7mの帆立貝式古墳ですが現在は前方部は消滅し円墳のように見えています。2重周溝を持っていますが痕跡さえ分かりません。こちらも水田の中で大変よく目立つ。4C末の軍配山に続く5C中頃の古墳です。町史跡。
[ 2013年04月15日 12:58 ] カテゴリ:玉村町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR