古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  岡山市東区 >  浦間茶臼山古墳

浦間茶臼山古墳

岡山県岡山市東区 1989年4月訪問

前方後円墳、TL138,R81,RH14,FH6.7
位置:34°42′24″N 134°04′11″E

尾根先端を整形して築造、前方部がばち形に開く初期前方後円墳


後円部頂に大きな盗掘坑がある


(見学記)

岡山市中心部からR2を東に行き、吉井川に架かる備前大橋手前2kmの浦間地区にある全長115mの前方後円墳で前方部が撥形に開く古式古墳です。後円部が林ですが、前方部は畑でその様子がよく観察できます。後円部頂は平坦ですが中央に大きな盗掘抗があります。こんな大きなものは見たことがないですね。これでは埋葬施設は完全に破壊されているでしょうね。周りが住宅開発されていて前方部側にあった円墳も消滅しています。国史跡。
[ 2013年04月17日 19:39 ] カテゴリ:岡山市東区 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR