古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  津山市 >  美和山古墳群

美和山古墳群

岡山県津山市 1989年4月訪問、1994年再訪

前方後円墳1、円墳3
公園として整備

分布図:(説明板より)


1号(胴塚)
前方後円墳、TL83,R50,RH9,FW30,FH5
位置:35°03′36″N 133°58′10″E

6号よりの遠望


東側から


前方部隅から後円部


北側側面


前方部から後円部


後円部から前方部


墳丘図(説明板より)中世の城として利用されていたため両側に土塀の突出部がある、上記の写真に前方部側の土塀が写っている


2号(蛇塚)
円墳、R40,H7




3号(耳塚)
円墳、R40,H5




6号
1号より、右奥が2号


89年当時は他の古墳も藪に覆われて見学が困難だった


(見学記)

津山市役所東方約3.5km前方後円墳1(胴塚),中型円墳2(耳塚、蛇塚),小円墳1から成る古墳群です。この名前も何か伝説がありそうで面白いですね。小丘陵の北側に位置していましたが現在はR179バイパスに丘が切断されて国道脇にある説明板からすぐ公園となっている古墳群にたどり着けます。公園にはいるとすぐ左側に耳塚(3号墳)その北側に蛇塚(2号墳)とほぼ同規模の円墳が並んでいます。大きさの割に背の高い墳丘です。2号すぐ北側に復元された6号墳、ここから丘陵北端に胴塚(1号墳、全長83m、後円径50m、高9m)が見えています。2回目の時は松が伐採され下草も刈られてよく見えました。最初後円部に突出部が見えて一瞬前方部が二つあるぞ、と思いましたが説明板によれば戦国時代に城として使われた時の土塁跡とのこと、前方部側にも付いています。一括して国史跡。
[ 2013年04月17日 20:10 ] カテゴリ:津山市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR