古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  兵庫県  >  養父市 >  大藪古墳群野塚支群

大藪古墳群野塚支群

兵庫県養父市(旧養父町)2001年4月訪問、2018年3月再訪

小川に挟まれた尾根上地形の上に横穴石室墳十数基、3号が大型
(2018年:見学順)

3号
位置:35°23′50″N 134°48′11″E
禁裡塚の案内板がある墓地から北に行くとあります、奥に見えているのが支群最大の石室を持つ3号


大きな墳丘が残る


周囲が大分削られている


石室開口部、羨道前上部は失われている


石室正面、立ったまま入れる大きさ


細長い石室、側壁は持ち送りがない


奥壁はほぼ1枚石、手前床面に敷石がある


奥から外、無袖式かな


その2(01年仮7号)
山道で墳丘が削られているが開口部は右側


墳丘正面、羨道前部は埋まる


開口部、入るのは問題なし


石室良好、床面に礫の敷石、石材は小型、側壁に持ち送りなし


奥壁は鏡石+平石


奥から外、ここも無袖かな


その3(01年仮8号)
開けた場所にあるので墳丘の様子がよく分かる


墳丘正面


開口部、しゃがんで入る


羨道後部と玄室がよく残っている


石材はその2よりやや大きく側壁は少し持ち送りがある、奥壁は下部に2枚並べ上に1枚


奥から外、右片袖式


羨道奥から


その4
低い墳丘が残るのみ、背後の尾根との間に谷がある


その5
墳丘はそこそこ残る


側壁の一部残存のみ


その6
その4と反対側、後方に谷がある


その7
2基の古墳が接しているんでしょうか


手前の墳丘に石室半分残る


右が奥壁、これも半分だけ


石室は西側谷の方を向いている


袖石が残っている、左片袖式か


奥の墳丘に天井石らしい石材、破壊された石室の天井石かこちらの石室のか


その8(01年仮13号)
更に上に2基の墳丘が並ぶ、手前がその8


よく残る墳丘


東側の谷に向かって開口


小型石材を使った石室、やや持ち送りがある


奥壁も同様の小型石材、下部中央にミニ鏡石っぽい石を据える


奥から外、無袖のようです


その9
その8すぐ上、この辺りから尾根の幅が狭くなる


こちらも東に開口


その8と似たような石室


奥壁も小型石材、下部は2列に並び上部は平石を重ねる


奥から外、やはり無袖かな


背後から見た墳丘


下方を振り返る、手前はその8、01年当時もやはりこの辺りから振り返っている、アングルも殆ど同じ(笑)


その10
更に上に墳丘が続く、01年当時は墳丘が低くて気が付かなかったか


天井部を失った細長い石室露出


竪穴石室ということはないだろうけど


その11
杉林の中に墳丘


石室天井部が開口、入室不可


側壁、かなり押し出されてきている


玄門でしょうか、右片袖式かな、羨道埋没


その12
更に登ると良好な墳丘と石室、嬉しい誤算


墳丘正面、手前の石垣は後世のものかな


開口部に土砂があるが入るのに問題なし


石室は良好に残る


石材は小型、やや持ち送りがある


奥壁は下部にやや大きな鏡石、上部は平石積み、中間がやや適当な積み方


奥から外、無袖でまぐさ石が一段下がる


壁面に埋め込まれた袖石を思わせる石材


墳丘背後から、いい!


その13
更に上に同規模の墳丘


開口部、巨石羨道天井石露出


長い石室、持ち送りは殆ど無く石材もやや大きい、その12より新しそう


奥壁は2段積み、このようなのはこの支群ではここだけ


奥から外、左片袖式だがあまり袖幅はない


羨道奥から、やや歪んでいるかな、外にその12が見えている


墳丘後方から、ここから上は見当たらず


(13号から尾根東側を下っていきます)

その14
その13から東側尾根縁を下っていきます、大きな墳丘上部に石室が見えている


開口部、羨道埋没


玄室良好、持ち送りはなく面も整えられている、その割に奥壁の積み方は粗い


奥から外、左片袖式


墳丘上に天井石露出


その15
こちらも尾根の縁に大きな墳丘


開口部、手前は埋没


天井を失った細長い石室露出


奥壁、左右で積み方が違うような


(01年仮5号を見落としている)

その16(01年仮4号)
3号より下方、尾根斜面麓に3基並ぶ、東方谷筋より更に東側になる、この斜面上の尾根筋に道林支群がある


墳丘背後から、小型でまん丸い墳丘


斜面に向いて開口、後方に3号、その間に小川が流れている


墳丘正面


持ち送りのない小型石室


奥壁は2列に並ぶ、変わった形式


奥から外、無袖かな


その17(01年仮2号)
こちらも良好な墳丘


やはり斜面に向かって開口


石室良好、右側は持ち送りじゃなく倒れかけているかな、中間辺りで天井が一段下がる


玄室、左はほぼ垂直だが右が大分傾いている


ここも奥壁は2列並びだが上部は平石


奥から外、無袖式


左17、右18


その18(01年仮1号)
一番下、ここも良好な墳丘


ここの3基はどれも同じ向き


ここも持ち送りはなく左はやや圧迫されているような


奥壁は2段、3基の中では一番新しそう


奥から外、無袖式、入口辺りで天井石が下がっているかな


 右18、左17


大藪古墳群に戻る



(2001年)
1号
石室開口部、右奥2号、奥に3号


石室


2号
尾根に向かって並ぶ2基、3号と同方向、尾根に向かって石室が開口、この尾根の先端に道林支群がある


石室


3号
円墳
横穴式石室
位置:35°23′50″N 134°48′11″E

墳丘、石室正面、周囲が削られ異様な形をしている


玄室、名前の付いた4基の古墳に次ぐ大きさ、ここが一番新しそうだ


奥から外、石室先端が削られているが無袖式か


4号
尾根上から見た墳丘


石室


5号
石室奥から外、左片袖式、天井石がすっかり抜かれている


7号
墳丘


石室


8号
墳丘


石室


奥から外、右片袖式


13号
群最上部あたりから下方を見る、左右を小川で仕切られた尾根上の緩斜面に分布、手前が13号墳丘


石室


大藪古墳群に戻る
[ 2019年10月31日 19:07 ] カテゴリ:養父市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR