浅香山古墳群

兵庫県篠山市(旧丹南町)2000年4月訪問

丘麓近くの斜面に約10基

浅香山古墳
円墳、R22
横穴式石室、全長10.35m、玄室長5.35,幅1.77,高2.05m
位置:35°02′23″N 135°13′35″E

盟主墳、一番上方にある、石室開口部、上に乗っている祠は朝香神社


玄室、天井、天井は中央が高いドーム状、奥壁コーナー上は三角持ち送りになっている


右片袖式、羨道は埋没


円墳1:墳丘が流失石室が露出した古墳


円墳2:浅香山古墳に次ぐ大きさ、一番下にある、巨石を使った石室が一部露出している


(見学記)

丘陵麓近くの斜面に10基程の古墳が密集し、その一番上にあるのが主墳の浅香山古墳で径22mの円墳です。上に小さな祠がありその前が削られて広場のようになっています。そのためその下にある羨道は埋没、玄室は良好に残存、比較的小型の石の小口積み天井も中央が高くドーム状になっている。奥壁隅も石材が斜めに架けられたいわゆる三角持ち送りになっていて角がはっきりしません。石室全長10.35m、玄室長5.35,幅1.77,高2.05m。次に大きいのが一番下にある古墳、巨石を使った石室が僅かに露出している。その他は斜面をカットして造った背の低い円墳です。ここの古墳は何故か気になり真っ先に来てしまった。でも名前の元となった神社は朝香神社みたい。古墳群の北側、谷の真ん中水田の中に石室が崩壊露出した小古墳が5基程ある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR