小丸山1号

兵庫県篠山市(旧丹南町)2000年4月訪問

前方後円墳
位置:35°05′03″N 135°08′55″E

後円部側から前方部、小高い尾根上を平坦にして構築


石室正面、後円部東側が削られ石室も奥一部のみ残存、お堂か何かに利用していたようだ


石室内部、側壁より奥壁の方が石材が小型


(見学記)

谷の中の小高い半独立丘陵上にある前方後円墳です。頂を平坦に整形しその南側に構築、後円部に比して前方部はやや小さく比較的良好に残っている。後円部東側に石室があるがこの部分が大きく削平され石室も奥の一部しか残っていない。石室も石材も小型でさすがにこの上まで大型の石を運ぶのは困難だったようだ。側壁より奥壁の方が石材が小型。登る道が無く西側急斜面を無理矢理踏破(こういう時杉林は下草は生えて無くて登りやすい、あくまでも比較の問題だが)、上につくと東側にしっかり道があった。帰りはこちらを通ったが一番下辺りで道が消えている、これじゃ分からないはずだ。
谷を挟んだ北側丘陵上に前方後円墳の半鐘塚があるはずだがこちらは雑木林で登れず。麓に小さいけれど目立つ円墳がありまるで門番のように立っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR