古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  兵庫県  >  丹波市 >  下新庄群集墳

下新庄群集墳

兵庫県丹波市(旧氷上町)2009年4月訪問

8基

(全て横穴石室、番号は仮称)

全景、丘陵麓近く南北に直線状に分布


1号
位置:35°10′49″N 135°01′28″E

一番北側、墳丘良好


天井石1枚露出、内部埋没


2号
比較的よく残る墳丘


開口部、天井石が傾いている


羨道


玄室、奥は埋没


奥から外、片袖式


3号
4号から見た墳丘、これだけ少し下方に立地


南側から


北側、奥壁も露出


開口部、天井石が傾く


玄室


奥壁は1枚石か、右に傾いているようだ


奥から外、石室全体も左に傾いているかも


4号
墳丘かなり流失、石室かなり露出


石室正面、前部は崩壊


奥の天井石が抜かれている


玄室


奥壁は3段か4段


奥から外、無袖かな


5号
石室露出、南側の4基はみなこんな状態


6号
細長い小型石室、天井石が落下している


7号
墳丘も多少残っている


8号
奥に7号


残骸状態


(見学記)

丹波市氷上町下新庄、南北に伸びる丘陵東側麓辺りに構築された8基からなる古墳群でほぼ直線状に分布しています。一番北側の1号(番号は全て仮称)は墳丘はよく残っていますが入り口辺りの天井石が1枚露出している程度、内部も殆ど埋まっています。すぐ南側の2号も墳丘はよく残っている。南側に開口している入り口部分は埋まり気味だが羨道玄室ともよく残っているようだ。ただ奥も土砂が流入して奥壁は見えない。3号は2号の下方にありこれだけ直線からずれています。墳丘は石室を覆う程度に残存、背後の奥壁も露出しています。南側に開口する石室は前部が破壊され露出している羨道天井石も傾いているようだ。玄室は比較的良好だが1枚石の奥壁が少しずれている感じです。2号南の4号は石室がかなり露出、南側に開口していますが玄室奥の天井石が抜かれています。それ以外は比較的良好。更に南側に5-8号が並んでいますが小型の石室が露出、殆ど残骸状態です。南に行くほど状態が悪いのは墳丘の造りが悪いせいかな、慣れるに従って段々手抜きをしたかもね。
HP「古墳とあれ」の情報で行ってみましたが額田さんが訪れたときは林の中だったのに今回はすっかり伐採されて古墳群が露わになっていました。見学にはちょうどよい状況だったけど何か開発が行われるんだろうか。発掘するような感じではなかったけどな。
[ 2013年04月20日 11:51 ] カテゴリ:丹波市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR